大洗磯前神社~神磯の鳥居が有名です~

大洗磯前神社~神磯の鳥居が有名です~

今回は大洗磯前神社をご紹介します。

『文徳天皇実録』によると、斉衡3年(856年)12月29日に突如として海が光り輝き、常陸国鹿島郡大洗磯前に御祭神大己貴命・少彦名命が御降臨をされました。その時、里人の一人に神がかりして、「我は大奈母知、少比古奈命なり。昔この地を造り常世の国に去ったが、人々の難儀を救うために再びこの地に帰ってきた」と託宣され、ここに当社が創建されました。翌天安元年8月7日には官社に列せられ、更に10月15日には「大洗磯前薬師菩薩明神」の神号を賜り、現代にいたるまで、病理厄難を救う神として信仰されている。(頒布の資料より)

御社殿はかつて永禄年間の兵乱によって悉く消失してしまいましたが、水戸藩2代藩主徳川光圀公が由緒深い名社の荒廃を嘆き元禄3年(1690)御造営の工を起し、3代綱篠公の享保15年(1730)に現在地に還座再興されました。社殿に施された彫刻とともに江戸初期の建築様式を今に伝えており、県指定の文化財です。(公式HPより)

御朱印帳は?

こちらです。神磯の鳥居の御朱印帳です。

御朱印は?

こちらです!初穂料は300円です。社務所で頂けます。

こちらの神磯の鳥居と日の出のクリアファイルも頂けます。

境内のご案内

案内図です。

神磯の鳥居です。

道路沿いにある正面鳥居です。こちらは二の鳥居で一の鳥居は道路をまたいでさらに大きい鳥居があります。

正面鳥居を潜り、階段です。結構きついので気を付けてください。いなみに駐車場は階段の上にあるので登らなくてもお参りは可能です。

階段を登り切った鳥居から海をみた絶景です。

階段を登り切った鳥居を潜り右手に手水舎があります。

手水舎の手前にさざれ石が置かれています。

隋神門です。

隋神門の前には福の神さまの大黒天様と恵比寿様です。福を祈って撫でることができます。

拝殿です。

本殿です。

社務所です。

末社のご紹介

御嶽神社

左から大杉神社・水神社・八幡宮

さらに本殿の後ろを回ると、大神宮・静神社・水天宮

ここからは末社ではありませんが、神馬舎

右手奥には車払い所です。

アクセス

住所:東茨城郡大洗町磯浜町6890

北関東自動車道 水戸大洗ICから5.5km約12分

大洗鹿島線 大洗駅から2.5km徒歩約35分車で約5分

駐車場:あり(無料)

近くの宿泊

レンタカーもいろいろ回れるのでオススメです!



御朱印カテゴリの最新記事