北口本宮富士浅間神社~富士山の麓にあるパワースポット~

北口本宮富士浅間神社~富士山の麓にあるパワースポット~

今回は北口本宮富士浅間神社の神社巡りです。 北口本宮富士浅間神社は2018年4月15日に参拝させて頂きました。 山梨県富士吉田市にあります。世界文化遺産に登録されています。

■1.どんな神社?-基本情報-

由来・歴史 景行天皇40年(110年)、日本武尊が東方遠征の折に箱根足柄より甲斐国酒折宮に向かう途次、当地を通過、大塚丘の上で富士山の神霊を遥拝され、大鳥居を建てしめ、「富士の神山は北方より登拝せよと」勅され、祠を建てて祀ったのが始まりとされている。 江戸時代中期以降「諏訪大明神」よりも「浅間大菩薩」「富士浅間明神」の名のほうが大きくなり、明治時代には「冨士山北口本宮冨士嶽神社」と改称。その後「浅間神社」とも名乗るようになり、1946年(昭和21年)に現在の「北口本宮冨士浅間神社」と改称された。 御祭神 木花咲耶姫(コノハナサクヤビメ)山、火、酒造の神 彦火瓊瓊杵命(ニニギノミコト)稲穂、農業の神 大山祇神(オオヤマツミ)山、火、酒、の神、軍神・武神 御利益 五穀豊穣、畜産、農業、漁業・航海、安産・子授け、火難消除、織物業守護、国家安泰、家内安全、厄除け、富貴栄達

IMG_5684.JPG

こちらが入り口です。一礼して潜りましょう。

■2.御朱印帳は?

富士山がデザインされたオリジナル御朱印帳です。すてきです。

gosyuinntyou.jpg
gosyuinntyou2.jpg

■3.頂ける御朱印は?

IMG_9201.JPG

こちらです!! 「北口本宮冨士浅間神社」の御朱印と、境内の「諏訪神社」の御朱印が頂けます。 北口本宮の「本」の字何かに見えませんか? そうです!!富士山なんです!!おしゃれ!! 初穂料は各300円です。

■4.「諏訪神社」とは?

勧請された年代が明らかになっていない大変古いお社であり、この地域の元々の土地神様で、周辺地域の字(あざ)名も「諏訪の森」と呼ばれていて、祭典「吉田の火祭り」は御朱印にも火祭りがあるように諏訪神社の例祭です。

■5.御朱印を頂ける場所と時間は?

社務所で頂けます。 授与所 9:00~16:00

■6.その他の豆知識

本殿及び摂社である東宮本殿・西宮本殿の3棟は国の重要文化財、境内地は国の史跡、吉田の火祭りは国の重要無形民俗文化財にそれぞれ指定されている。 御神木:拝殿の左右にそびえる樹齢約1000年のご神木(冨士太郎杉、冨士夫婦檜)にも非常に強いパワーが秘められています。

IMG_5692.JPG
IMG_5691.JPG

大鳥居:「冨士山大鳥居」。広島の厳島神社にある海中の鳥居よりも大きく、木造では日本最大級。

IMG_5687.JPG

■7.アクセス

住所:富士吉田市新屋1230(本宮) アクセス:富士急行線富士山駅からタクシーで10分

中央自動車道河口湖ICから10分      

東富士五湖道路富士吉田ICから10分      

富士急「富士山駅」から2.4km 車8分

駐車場:100台(無料)

周辺の宿泊検索:宿探しなら「JTB旅館・ホテル予約」旅ならるるぶトラベル

■8.近くの御朱印巡り

富士吉田市では新屋山神社(奥宮は夏季限定)、新倉富士浅間神社、小室富士浅間神社、小明見富士浅間神社、上暮地富士浅間神社、富士山小御岳神社、諏訪神社などですね。たくさんあってテンションあがりますね! 富士山駅などにもレンタカーがありますので電車で近くまできて参拝するかたはこちらも参考にしてください。最安値で借りられます。

■9.まとめ

富士吉田市は御朱印めぐりしがいがある場所です。 皆様もお気をつけてお参りください。

御朱印カテゴリの最新記事