香取神宮~関東屈指のパワースポット~

香取神宮~関東屈指のパワースポット~

香取神宮は下総国(千葉県北部)の一宮で、全国約400社の香取神社の総本社。茨城県の鹿島神宮・息栖神社と合わせて“東国三社”と呼ばれています。

日本書紀にも登場する武術の神様「経津主大神(ふつぬしのおおかみ)」を祀り、勝運・交通・災難除けなどにご利益があると言われています。

近年では“関東屈指のパワースポット”としても注目され、遠方からもたくさんの方が参拝に訪れる人気の神社です。

由緒

日本書紀にも登場する武術の神様「経津主大神(ふつぬしのおおかみ)」を祀り、勝運・交通・災難除けなどにご利益があると言われています。

はるか昔、高天原(天上の神々の国)を治めていた天照大神(あまてらすおおみかみ / 伊勢神宮・内宮の御祭神)は、葦原中国(あしはらのなかつくに / 現在の日本)は自分の息子が治めるべきだとお考えになりました。
葦原中国は荒ぶる神々が争い乱れていたため、天照大神が八百万神に相談すると、天穂日命(あめのほひのみこと)がすぐれた神であるということで出雲国の大国主神(おおくにぬしのかみ)の元に遣わされましたが、天穂日命は大国主神に従い家来になってしまいました。次に天稚彦(あめのわかひこ)が遣わされましたが、天稚彦もまた忠誠の心なく、大国主神の娘である下照姫(したてるひめ)を妻として自ずから国を乗っ取ろうとし、天照大神の元に戻りませんでした。
このようなことが二度つづいたので、天照大神が八百万神にもう一度慎重に相談すると、神々が口を揃えて、経津主神こそふさわしいと言いました。 そこへ武甕槌大神(たけみかづちのかみ / 鹿島神宮の御祭神)も名乗り出て、二神は共に出雲に派遣されることとなりました。
出雲国の稲佐の小汀(いなさのおはま)に着いた経津主、武甕槌が十握剣(とつかのつるぎ)を抜き逆さに突き立て武威を示すと、大国主神は天照大神の命令に従い葦原中国を譲りました。
二神は大国主神から平国の広矛(くにむけのひろほこ)を受け取り、日本の国を平定して、天照大神の元へ復命されたのです。(公式HPより)

御朱印帳は?

こちらになります。

初穂料は1000円です。

御朱印は?

こちらです。

奥宮の御朱印もあります。また奥宮の御朱印と同じ場所で要石の御朱印も頂けます。

初穂料は各300円

御朱印帳、御朱印共社務所で頂けます。奥宮、要石は奥宮で頂けます。

境内のご案内

大鳥居です。一の鳥居は利根川の河川敷にあり、津宮浜鳥居(つのみやはまとりい)と呼ばれ、昔この辺り一帯は海で、こちらの鳥居も水中に建っていました。水運が盛んなころは多くの人々が江戸から船で来て、この鳥居をくぐって香取神宮を参拝していたそうです。香取神宮から車で約10分のところにあります。

駐車場から参道へ行くとお店が並んでいました。

こちらを抜けると鳥居へ到着しました。

境内の案内図です。本殿→要石→奥宮で参拝しました。奥宮から上の鳥居までの道がかなり急ですので、足腰に自信のない方は第一駐車場へ出ることをおすすめします。

本殿へ向けて表参道を登ると両サイドに神池が見えてきます。

神池をこえると鳥居が見えてきます。

右手にはて勅使門です。

階段の上には総門です。

総門を潜ると手水舎があります。

手水舎の左には木母杉と馬場殿神社、市神社、天降神社です。

楼門です。さすが由緒ある神宮です。結婚式を行っていました。おめでとうございます!!

芽の輪くぐりで身についた穢れや罪障を払い落とします。くぐって左右左で回ります。

拝殿です。色鮮やかです。

左手に神饌殿です。

神饌殿の隣に三本杉です。

奥には匝瑳神社です。

本殿です。御殿の廻りを一周できます。

祈祷殿です。

要石の方へ移動し、香取護国神社です。なにか落ち着く空気を感じました。

要石です

押手神社です。

さらに移動し奥宮へ

奥宮の手水舎です。ちょっとさみしいですね。

奥宮です。

御朱印を頂き、帰りに参道商店街でだんごを食べて、東国三社残り一社の息栖神社へむかいました。

 

アクセス

住所:千葉県香取市香取1697

電車:JR佐原駅よりタクシー10分

車:東関東自動車道「佐原香取IC 」より1.5km5分

駐車場:あり(無料)

近くの宿泊

鹿島神宮や息栖神社を一緒に参拝する予定であればレンタカーもオススメです!



御朱印カテゴリの最新記事