厳島神社にお参りに行きました!!

厳島神社にお参りに行きました!!

広島県の宮島にある海の鳥居で有名な厳島神社に行ってきました!御朱印情報以外にも見どころをまとめていますのでぜひご覧ください!

由緒

厳島は、島全体が神として信仰され、推古天皇元年(593年)に創建された。

仁安3年(1168年)平清盛により寝殿造りの様式で造営されたものが現在に社殿の礎となっていると伝わっている。

社殿群は国宝、重要文化財に指定され、平成8年に世界文化遺産に登録されている。

御朱印帳は?

こちらになります。このほかに桜のデザインのピンクのものがありました。

初穂料は1000円です。

御朱印は?

こちらです。

初穂料は300円

御朱印帳、御朱印共授与所で頂けます。受付は8:30~17:00、18:30(季節により異なる)

境内のご案内

境内の案内図です。

参拝入り口、こちらで参拝料を支払います。(大人500円)

右手に手水舎があります。

入り口を入って左手が客神社の本殿です。

こちらは鏡の池です。清水が湧き出ていて潮が引くと手鏡のように見えることからそう呼ばれているとのことです。

修理中の大鳥居です。周りの網目が荒くなり見やすくなったとのことです。後ほど詳しく書いていきます。

高舞台と左右楽房です。舞楽をここで行い左右楽房で楽器を演奏します。

こちらは厳島神社拝殿と奥が本殿です。右手が授与所です。

反橋です。天皇の勅使が渡ったとのことから、別名勅使橋よも呼ぶとのことです。

能舞台です。

大鳥居の修理について

屋根:檜皮葺(ひわだぶき)前回の葺き替えから25年が経過

塗装:前回から15年が経過。写真だと分かりずらいのですが赤くない大鳥居はレアです。

木部:全体の破損調査後に補修補強を検討するため工期は未定。

 

アクセス

住所:〒739-0588 広島県廿日市市宮島町1−1

電車:宮島桟橋より徒歩12分

近くの宿泊

宮島全体の記事や弥山の記事もぜひご覧ください。

御朱印カテゴリの最新記事