北海道神宮 札幌屈指のパワースポット

北海道神宮 札幌屈指のパワースポット

北海道の札幌市にある北海道神宮に行ってきました!御朱印情報以外にも見どころをまとめていますのでぜひご覧ください!

境内案内図

由緒

明治2年、当時「蝦夷地」等と呼ばれていた北海道は、日本の国土としてより明確にする為に、「北海道」と名づけられました。そして同じ年の9月1日に、明治天皇の詔(みことのり)(天皇のおことば)により、東京で「北海道鎮座神祭(ほっかいどうちんざしんさい)」を斎行(お祭を行う事)して、北海道の開拓・発展の守護神として、大国魂神・大那牟遅神・少彦名神の三柱の神々(開拓三神(かいたくさんじん)といいます)が鎮斎(ちんさい)されました。
 その御霊代(みたましろ)(神様が宿った依代。鏡や剣等々…)は東京から函館へ、そして札幌へと移されました。明治3年5月には仮社殿が建てられましたが、それは現在の鎮座地(神様の住まれる神社の建っている所)ではありませんでした。現在の位置に社殿が建てられたのは、明治4年のことで、この年に「札幌神社」と社名が決まりました。
 そして開国を決断され、西洋の文明を取り入れて現在に至る日本の礎を築かれた明治天皇を昭和39年増祀(ぞうし)(その神社にお祀りする神様が増えること)し、社名も「北海道神宮」と改称しました。
 約18万平方メートルの境内地は、桜の名所としても知られ、市民に親しまれていますが、現在の北海道神宮の社殿は、昭和49年放火に遭い、昭和53年に復興されたものです。

北海道神宮には、現在四柱(よはしら)神様がお祀りされています。

御朱印帳は?

こちらです。

こちらを購入しました。

御朱印は?

こちらです。

初穂料は500円

頂く場所は祈祷受付です。授与所に案内図があります。こちらが授与所

案内図が貼ってありました。

こちらです。

境内のご案内

境内案内図はこちら

今回は第二鳥居から参拝しました。

表参道を進みます。

神門が見えてきました。

左手に手水舎がありました。コロナで封鎖と思いきや工事中でした。

神門を抜けると本殿があります。立派でおしゃれです。

途中に茶屋もあります。

末社摂社をお参りします。

まずは穂多木神社

札幌鑛靈(こうれい)神社

開拓神社

最後に公園口鳥居から後にしました。

まとめ

秀吉好きには想像力を掻き立てられる建物ではないでしょうか。完成していたら秀吉らしく豪華絢爛に飾られたのでしょう。厳島神社の上に立てちゃうのも秀吉らしいですし。

また床下にも注目してください。柱は石の土台に乗っているだけです。

涼しくて独特の空気を感じてみてはいかがでしょうか。

 

アクセス

住所:札幌市中央区宮ヶ丘474

電車:東西線円山駅より徒歩15分

駐車場:あり

近くの宿泊

宮島全体の記事や弥山の記事もぜひご覧ください。

御朱印カテゴリの最新記事