広島城 100名城スタンプ73番

広島城 100名城スタンプ73番

広島城に行ってきました。100名城のスタンプは城内1層で押せます。

広島城とは?

広島城は毛利輝元によって築かれた城です。聚楽第を手本にしたといわれ、築城の際には黒田官兵衛がサポートしたそうです。完成当初は当時の大坂城に匹敵する規模の城だったといわれており、大坂城や岡山城らとともに初期近世城郭の代表的な城として知られています。戦争で倒壊した天守は1958年(昭和33年)の「広島復興大博覧会」開催にあわせて再建されました。二の丸の平櫓・多聞櫓・太鼓櫓および表御門も1989年(平成元年)から行われた改修の際に再建されており、内部を見学することができます。日本百名城の一つ。

100名城スタンプ

城内1層で押せます。入り口で観覧券を購入し、入って右手にあります。

スタンプはこちらです。

広島城跡のご案内

城内マップはこちらです。

こちらの御門橋から二の丸へ入っていきます。

こちらは二の丸から見た太鼓櫓です

二の丸跡にある説明書きです。

二の丸から見た堀の石垣です。

本丸下段には西側に広島護国神社があります。詳しくは別記事でご紹介します。

本丸上段にあがると広島大本営跡があります。明治27年からの日清戦争の際、天皇が広島城を行在所としこちらに大本営が設けられたそうです。その後建物は保存されていたそうですが、原爆により倒壊し、基礎石のみとなっているそうです。

天守閣に到着しました。まずは御殿の模型です。

金箔瓦の複製も展示されていました。

天守からの眺めです。

最後に裏御門跡です。

アクセス